薬剤師が活躍する場所はどこ?それぞれの仕事内容を徹底調査

薬剤師が活躍する場所はどこ?それぞれの仕事内容を徹底調査

薬剤師が活躍する場所はどこ?それぞれの仕事内容を徹底調査

 

薬剤師が働く場所というと、病院や薬局、ドラッグストアが思い浮かぶでしょう。しかし実は、その他の企業や行政機関など、様々な場所で重要な役割を担っているのです。ここでは、薬剤師が活躍する場所と仕事内容を徹底調査しました。

 

 

医療機関で働く薬剤師は、薬を調剤する調剤業務や患者に対して服用や管理法を指導する服薬指導、治験薬の管理など、多岐にわたります。外来患者だけではなく、入院患者の分の調剤や指導も行うのが特徴です。

 

 

調剤薬局などで働く薬剤師は、病院からの処方箋を確認する薬歴管理をはじめ、調剤業務や服薬指導、販売業務等を行います。

 

 

近頃は在宅医療を推進する医療機関も増えており、患者の自宅へ出向く薬剤師も増えています。ドラッグストアと調剤薬局の違いは、ドラックストアでは基本的に調剤業務を行わず、一般医薬品や日用品を販売している点です。

 

 

次に、製薬会社や治験専門の企業などで働く薬剤師についてです。製薬会社で働く薬剤師は企業内で更に分類され、医薬品を医療機関へ普及させるMRや厚生労働省からの承認を得る薬事業務、研究職や開発職があります。

 

 

薬を開発し、それが現場で使われるまでの過程に携わっているのです。CROやSMOと呼ばれる治験専門企業は、製薬会社等で新薬が開発される際、治験業務のサポートを専門的に行う企業です。

 

薬剤師が活躍する場所はどこ?それぞれの仕事内容を徹底調査

 

ここで働く薬剤師は治験をサポートしたり、治験が正しく行われているかの監督をする役割を持ちます。他にも、化粧品や食品メーカーでの研究や品質管理業務、医薬品卸企業での品質や情報管理、大手企業内にある診療所等での調剤業務もあります。

 

 

薬剤師は行政機関においても重要なポジションで活躍しています。地域住民の安全や健康を支える保健所で、薬剤師の専門的な立場を活かした指導や検査をしています。

 

 

自衛隊員の健康や衛生管理、また災害時にも活動する自衛隊薬剤官。違法薬物の捜査や製薬会社への立ち入り検査を行う、厚生労働省の麻薬取締官としても活躍しているのです。

 

 

ここまで、薬剤師が活躍する場所と、仕事内容についての調査結果をお伝えしてきました。メジャーな医療機関や調剤薬局、身近なドラッグストア以外にも、多くの場所で薬剤師が活躍していることがわかりましたね。

 

 

人々の健康や安全を守る薬を生みだし、管理、提供する薬剤師の仕事は、どの企業においても重要なポジションであることに違いありません。

 

 

在宅医療の経験や知識をもつ薬剤師、医療チームの一員として活躍する薬剤師については、特に今後その重要性が増していくことでしょう。