アルバイトで薬剤師を行うメリットとデメリットについて解説

アルバイトで薬剤師を行うメリットとデメリットについて解説

アルバイトで薬剤師を行うメリットとデメリットについて解説

 

薬剤師の資格をお持ちなら、高時給で働けるアルバイトを選択肢に入れてみてはいかがでしょう。今回は、アルバイトで薬剤師を行うメリットとでデメリットについて解説します。

 

 

アルバイト薬剤師として働く最大のメリットは、少ない時間でも働けることでしょう。もちろん勤務先の企業が提示する勤務内容によりますが、週に3回2時間だけという働き方も可能です。

 

 

勤務できる時間が限られる人でも薬剤師の資格を活かして働くことが出来るため、大きなメリットになります。また、正社員とは違って残業が少ないのもメリットと言えます。

 

 

時間毎の勤務になるため、一時間も残業するなんていうことはまずありません。勤務地が変わらない、転勤がないこともメリットです。メーカーや企業、ドラッグストアで働く正社員薬剤師の多くに転勤が伴いますが、アルバイトにはありません。

 

 

異動したことで発生する人間関係の悩みを抱えることもなく、同じ場所で長く患者さんの様子を見守ることができるでしょう。

 

 

給与面でのメリットもあります。アルバイト薬剤師の一般的な時給は2000円くらいと言われており、勤務地や企業によっては更に引き上げられることもあります。

 

 

一日に働く時間を長くすることで、高収入を得られる可能性もあるでしょう。そして、現在薬剤師不足は全国規模であり、同じ地域の至る所で薬剤師が募集されているような状況です。

 

アルバイトで薬剤師を行うメリットとデメリットについて解説

 

実際に働いてみて働きにくかった、人間関係が合わない、もう少し時給をアップさせたいと思った時、その後の転職先の選択肢が多いのもメリットと言えます。

 

 

どの雇用形態にも、メリットの裏側にデメリットが存在します。アルバイト薬剤師のメリットを裏返すと、様々な面でのキャリアアップが難しいというデメリットが表れます。

 

 

あくまでも働いた時間が給与として支払われるのみであり、正社員のような昇給や賞与は見込めません。就労時間によっては社会保険など、福利厚生面でのメリットがほとんど得られないといっても良いでしょう。

 

 

アルバイトという性質上、責任ある仕事を任せてもらえることはほとんどないため、単純作業のような仕事ばかりが回ってくるかもしれません。

 

 

勤務先も限られており、アルバイト薬剤師の求人はドラッグストアや薬局勤務がほとんどです。経験やスキルを積みたいなど、やりがいを求めている方にとっては、モチベーションを保つのが難しくなるでしょう。

 

 

ここまで、アルバイトで薬剤師を行うメリットとデメリットについて解説してきました。少ない時間でも働けて、残業も転勤もほとんどなく、働いた分高収入を目指せるメリットがあります。

 

 

しかし、アルバイトの性質上、給与や仕事面でのキャリアアップは難しいかもしれません。解説したメリットデメリットを参考に、ご自身にあった働き方を検討してみてください。