薬剤師が転職するならどんなは派遣会社を選ぶべき?選び方のコツ

薬剤師が転職するならどんな派遣会社を選ぶべき?選び方のコツ

薬剤師が転職するならどんなは派遣会社を選ぶべき?選び方のコツ

 

自由な働き方で高時給、且つ残業がほとんどないというメリットだらけの派遣薬剤師。しかし、このような条件をクリアした良い環境で働くためには、どんな派遣会社に籍を置くかが重要です。

 

 

そこで今回は、薬剤師が転職するならどんな派遣会社を選ぶべきか、選び方のコツについてお伝えしていきます。

 

 

派遣会社を選ぶ際に最も重要視すべきなのが、給与保証と福利厚生です。薬剤師不足でそのニーズが高まっている昨今、時給や福利厚生について大きな違いはありません。

 

 

特に雇用保険や有給、産休などといった福利厚生は、全労働者の権利として法律で認められているものだからです。しかし、会社によっては交通費や残業代に関する細かな規定が異なります。

 

 

そのため大手派遣会社であっても、最低時給がどの程度まで保証されているのか、福利厚生面での待遇もチェックしましょう。

 

 

次に注目すべき点は、研修制度です。これは派遣会社によって全く異なります。ブランク明けのための研修制度やキャリアサポート、異なる分野に関する研修など様々あります。

 

 

自社での研修会、製薬会社による勉強会への参加など、頻度や開催方法も異なりますので、自身が求めている制度がある会社を見つけましょう。

 

薬剤師が転職するならどんなは派遣会社を選ぶべき?選び方のコツ

 

派遣会社のフォロー体制が万全か、これも重要です。派遣先への挨拶や派遣後の定期面談、更に契約更新の際の時給アップ交渉や正社員雇用交渉など、派遣会社との関わり合いは長く続きます。

 

 

自分の要望を重視して選んでくれたり、相談に乗ってくれるなど、親身にフォローしてくれるところ選ぶと安心して働くことができるでしょう。

 

 

また、派遣会社によっては担当者が付きます。担当者の経験や人脈、交渉力によっても左右されますので、自分に合う人を見つけるのも大切です。

 

 

これらを踏まえると、派遣会社を選ぶ際にはある程度の規模を維持しているところを選びたいところです。実績や売り上げがそれなりにある会社は、営業力が高く求人数が多い傾向にあります。

 

 

数が限られる高時給求人を保有している可能性も高く、単発求人を扱っている場合も多いでしょう。選ぶ際には、派遣会社の規模や実績もチェックすることをおすすめします。

 

 

今回は、薬剤師が転職する際の派遣会社の選び方についてお伝えしました。派遣社員は勤めている職場に雇用されている正社員とは、給料や福利厚生面で待遇が異なります。

 

 

どの派遣会社を選ぶかによって、転職のサポートや研修の充実度、個人賠償責任保険などといった条件が変わるため、慎重に比較して検討しましょう。派遣薬剤師への転職をお考えの際は、こちらの内容をお役立てください。