転職後の薬剤師正社員と派遣社員の一般的な給料の差を比較してみた

転職後の薬剤師正社員と派遣社員の一般的な給料の差を比較してみた

転職後の薬剤師正社員と派遣社員の一般的な給料の差を比較してみた

 

転職するとなると、もちろん給与アップを期待しますよね。高給与が期待できる薬剤師ですが、正社員と派遣社員では一体どのくらい給与に差があるのでしょうか。比較した結果をご紹介します。

 

 

派遣社員として働く薬剤師の平均時給は、2300〜2800円くらいと言われています。なかでも、ドラッグストアや調剤薬局勤務の時給が高いと言われており、2800〜3500円という平均よりも高い相場となっています。

 

 

病院勤務の平均時給は3000円弱と言われていますので、働く場所によって大きく差が出ることがわかりいただけるでしょう。また派遣薬剤師は、勤務地によっても給与に大きな差が出ます。

 

 

一般的な職業ですと地方よりも都市部の方が給与が高いイメージですが、薬剤師の場合はその逆です。慢性的に薬剤師が不足している地方や過疎地域は薬剤師のニーズがとても高いため、高給与高待遇で働くことができるのです。

 

 

時給に換算すると3000〜4500円とも言われています。都市部でも十分に高給ではありますが、地方の勤務地を選択肢に入れることで更に給与アップが見込め、正社員よりも高い年収を目指すことが可能です。

 

 

一方、正社員薬剤師の給与を時給換算すると2000円程だと言われています。ほとんどの場合、派遣と同じ、もしくは派遣の時給よりも少し下がるでしょう。

 

転職後の薬剤師正社員と派遣社員の一般的な給料の差を比較してみた

 

サービス残業が未だ多い職種でもあり、それを正社員が担うとなると更に時給が下がってしまうかもしれません。だからといって給与面において、デメリットしかないわけではありません。

 

 

正社員は賞与や手当など、派遣社員にはない福利厚生面でのメリットを得られます。当然、交通費も含まれており、退職金制度も完備されているでしょう。

 

 

派遣社員の場合、多くは時給以外の手当をもらうことが出来ず、交通費や退職後のことを考えると生涯収入が高くなるとは限りません。派遣会社を選ぶ際には、福利厚生制度が充実したところを選ぶようにしましょう。

 

 

ここまで、転職後の薬剤師正社員と派遣社員の、給与の差を比較した結果をご紹介しました。それぞれの給与を時給換算してみると、派遣社員の方が高い傾向にあります。

 

 

派遣先や地域によっては、正社員の時給の倍以上の給与で働くことも可能です。転職後は今よりも高年収を目指したい方は、これらを踏まえて派遣社員を選ぶことをおすすめします。

 

 

但し、どちらの雇用形態で働くにせよ、給与面以外のメリットデメリットが存在します。転職後に後悔しないよう、十分に確認しましょう。