定年後でも薬剤師として転職することはできる?探し方のポイント

定年後でも薬剤師として転職することはできる?探し方のポイント

定年後でも薬剤師として転職することはできる?探し方のポイント

 

薬剤師も一般企業で働く人同様、定年を迎えて退職しなければなりません。働くシニアが増えている今、薬剤師もその資格を生かして再就職することは出来るのでしょうか。

 

 

今回は、定年後でも薬剤師として転職することが出来るのか、また転職先の探し方のポイントについてお伝えしていきます。

 

 

定年後でも、薬剤師として転職することは可能です。近年は企業で定年を迎えた薬剤師が、違う職場に再就職することが多くなっています。元気な内は働きつづけたい、老後の貯えを少しでも増やしたい、薬剤師の資格を生かした仕事がしたいと考える人が多いようです。

 

 

一般的な定年は60歳または65歳ですが、薬剤師の資格には定年がありません。そのため、薬剤師の人手不足が深刻な小規模薬局に再就職する人が増えています。

 

 

定年後でも働ける調剤薬局の仕事は、主に調剤業務・薬歴管理・服薬指導の3つが挙げられます。転職先として次に多いドラッグストアでも、調剤併設型の場合にはこの業務が主となります。

 

 

そこで重要になるのが、薬剤師として調剤を経験したことがあるかどうか。この経験の有無によって、転職の成功率は大きく変わるでしょう。但し、調剤経験が無くても、再就職できないわけではありません。

 

定年後でも薬剤師として転職することはできる?探し方のポイント

 

MRとして働いていた場合などはその知識と経験を生かし、調剤併設型ではないドラッグストアや物流倉庫の薬剤師として勤務することも可能です。

 

 

転職先を探す際のポイントは2つあります。まずは、復職支援プログラムなど、ブランクをカバーできる制度があるか。経験はあるがブランクもあるため、仕事に対して不安があるといった場合には、この制度が重要です。

 

 

保険調剤の流れや薬歴記入の方法、監査・疑義照会についてなど、調剤薬局で行うすべての業務を把握することができます。医薬品業界は日々進歩しています。ミスを防ぐためにも、こういった支援制度を設けたところを選びましょう。

 

 

ポイント2つ目は、体力面で無理なく働けるところを選ぶことです。薬剤師の働き方は様々。正社員よりもパートや派遣社員の方が給与が高いこともあります。長く元気に働きつづけるために、少ない時間からでも無理のない程度に働くことが大切です。

 

 

定年後でも薬剤師として転職することが可能だとわかりましたね。主に調剤薬局やドラッグストアにて、これまでの経験を生かした仕事ができるでしょう。

 

 

転職先を探す際には、復職支援制度や研修制度など、ブランクをカバーできる支援があるところを選ぶと安心です。また、体力面で無理のないよう、パートやアルバイトなど自身に合う雇用形態で雇ってくれる所を探しましょう。