女性薬剤師が活躍する仕事場はどこ?転職で求人の見方にコツはある?

女性薬剤師が活躍する仕事場はどこ?転職で求人の見方にコツはある?

女性薬剤師が活躍する仕事場はどこ?転職で求人の見方にコツはある?

 

実は、薬剤師の約7割が女性であることをご存知でしょうか。転職率の高い業種でもあり、仕事をする場所によっては働きにくさを感じることも多いようです。

 

 

ここでは、女性薬剤師が活躍する仕事場はどこなのか。また、転職にあたっての求人の見方のコツもご紹介します。

 

 

薬剤師の資格は転職にあたっての大きな強みとなります。特に今、薬剤師が不足しているため、ブランクのある人やその職種が未経験の人でも、資格を持っていると優先的に採用する傾向にあります。

 

 

転職する人が多い業界でもあり、年収アップを目的に複数回にわたって転職を繰り返す人も少なくありません。しかし女性は年収アップよりも、働きにくさを感じて転職することが多いようです。

 

 

結婚や出産、育児など、ライフスタイルの変化を機に家庭と仕事の両立が求められます。転職する際には、女性でも男性のように薬剤師として活躍できる仕事場を探しましょう。

 

 

女性薬剤師という立場を生かせる職場には、化粧品メーカーや食品メーカーが挙げられます。薬剤師がこれらのメーカーで働くイメージが浮かばないかもしれませんが、研究や品質管理といった分野で活躍することができるのです。

 

 

特に最近の化粧品は、医師や薬剤師などの医療の専門知識を持つ人と共同開発することも多くなっています。女性が利用する化粧品ということで、女性薬剤師の活躍がより期待されているのです。

 

女性薬剤師が活躍する仕事場はどこ?転職で求人の見方にコツはある?

 

食品メーカーでは、健康食品や美容目的のサプリメントなどの開発を行っています。ここでも女性目線を活かした商品開発に加え、薬剤師だからこそできる薬効データの明示や安全性の調査など、薬学知識を持つ女性の観点が重視されています。

 

 

女性の比率が多い薬剤師。それ故、あらゆる職場で女性でもキャリアアップしやすいというメリットがあります。ライフワークバランスかキャリアかと、どちらかを迫られることも少なくありませんが、そのどちらも得るには中規模の職場で働くのがおすすめです。

 

 

大規模企業や病院、薬局ですと人員が多い分競争率が高いため、出産や育児で数年休むだけでキャリアが途絶える可能性があるからです。

 

 

正社員で働くなら、育児休暇制度など女性のキャリアをサポートする福利厚生があるところ。また研修制度や勉強会といったスキルアップの機会が豊富なところを選ぶと良いでしょう。

 

 

ここまで、女性薬剤師が活躍する仕事場と、求人の見方のコツをご紹介しました。薬剤師全体の約7割が女性ですが、女性が多いからといって皆さんが順調にキャリアを積んでいるわけではありません。

 

 

職場環境による働きにくさを感じたり、結婚や出産を機にキャリアを諦めざるを得ない方も多いでしょう。安定した雇用を継続し、薬剤師のキャリアビジョンを描くためには、福利厚生や研修制度の整った職場を選びましょう。