ぶっちゃけ薬剤師の年収っていくら?働き方別でまとめました

ぶっちゃけ薬剤師の年収っていくら?働き方別でまとめました

ぶっちゃけ薬剤師の年収っていくら?働き方別でまとめました

 

難関の薬剤師試験を突破したのだから、薬剤師の年収は高いというイメージをもっているでしょう。薬剤師不足が騒がれる今、給与を引き上げて人材を確保する流れにもなっています。

 

 

ではそもそも、薬剤師の年収はいくらなのでしょうか。ここでは、働き方別にみる薬剤師の年収をまとめました。

 

 

薬剤師全体の平均年収は約520万円となっています。男性が約550万円なのに対し、女性は約490万円と、男女間で大きな差があるようです。

 

 

これは管理職手当など、昇給に伴う手当の有無が要因の一つとなっています。しかし男女による差以上に、働き方によって更に大きな差が生まれるのです。

 

 

薬剤師の働き方と言えば、調剤薬局での勤務を思い浮かべるでしょう。薬局薬剤師の年収は、約470万円と言われています。全体の平均年収よりも若干低いのがお分かりいただけるでしょう。

 

 

但し管理薬剤師となると約770万円と大幅にアップ。一般薬剤師か管理薬剤師かによって、300万円もの年収差が生まれることになります。

 

 

次に病院薬剤師の年収は、全体で約550万円となっています。これには大小の規模も大きく関係しており、大学病院などの大規模な病院よりも診療所やクリニックなどの小規模病院の方が150万ほど高くなる傾向にあります。

 

ぶっちゃけ薬剤師の年収っていくら?働き方別でまとめました

 

ドラッグストア勤務の薬剤師の年収は、約400万円です。但し、企業の業績によるものも大きいため、どのドラッグストアに勤めるかによって100万円ほどの差が開くと考えられるでしょう。

 

 

また、一般医薬品・OTC医薬品のみのドラッグストアよりも、調剤併設型ドラッグストアの方がより専門性が高まることから、年収が高い傾向にあるようです。

 

 

ここからは、企業薬剤師の年収を見ていきます。国内大手製薬企業に勤める薬剤師の平均年収は、なんと約950万円。初任給が約400万円からのスタートということですので、担当する部署やキャリア形成によって将来的に高収入になることも夢ではありません。

 

 

国内医薬品卸会社勤務の平均年収は約700万円となっています。企業では管理薬剤師よりも営業職の方が給与が高いことがあるようです。最後となる治験支援会社の平均年収は約800万円でした。

 

 

企業で働く薬剤師の新卒年収はドラッグストア勤務よりも低い結果となっていますが、キャリアを積むことによって年収1000万円越えも目指せることがわかりました。

 

 

ここまで、働き方別の薬剤師の年収まとめでした。もしかしたら、抱いていたイメージとは違ったものもあったのではないでしょうか。

 

 

薬剤師の働き方による違いは、年収だけに限らず仕事内容にもあります。転職をご検討の際は、年収の高さだけに囚われず、キャリアや適性等も十分考慮して選ぶことをおすすめします。