転職で品質管理職として薬剤師の資格を活かす方法を紹介します

転職で品質管理職として薬剤師の資格を活かす方法を紹介します

転職で品質管理職として薬剤師の資格を活かす方法を紹介します

 

医薬品の品質を維持する品質管理職は、製薬会社やメーカーなどあらゆる企業に存在する職業です。ここでは、薬剤師の資格を活かす方法をご紹介します。

 

 

品質管理職の仕事は、原料や製造過程にある製品、完成した製品からサンプルを抜き取り、分析機器を使用して試験や管理をすることです。

 

 

これは、製品の品質を維持するためにあります。似た職業に品質保証職がありますが、これは品質の向上を目指すものですので、また違った職業となります。

 

 

医薬品は人々の健康を担うものですが、一歩間違えると害するものへと変わってしまいます。品質が悪い方へと変化しないよう、一定に保つためにある重要な職業といえるでしょう。

 

 

品質の管理をするにあたっては、消費者へ安全な製品を届けることが最も重要な役割です。その仕事をしていく中で、時にイレギュラーな局面に立ち会うこともあるでしょう。

 

 

その解決策や改善を担うのも品質管理職の仕事となります。品質管理の仕事は、薬剤師資格が必須ではありません。しかしながら品質管理の仕事における解決・改善までを行うには、薬剤師の資格を持っている方が有利だといえるでしょう。

 

転職で品質管理職として薬剤師の資格を活かす方法を紹介します

 

また、この仕事は非常に繊細であり、ルーティンワークが重要です。当然、日々の業務は実験ばかりで、数字や薬剤と向き合う日々になるでしょう。データの狂いは製品の変化へつながってしまいます。

 

 

そのため、緻密なデータ収集も必要となるでしょう。薬剤師の資格を持つ人ならば、ほとんどの人が理系科目を経験し、実験やデータ収集を行ったのではないでしょうか。

 

 

品質管理職に資格の有無は問われないとしても、やはり薬剤師資格を生かせる職業であることに間違いはありません。

 

 

薬剤師資格を活かして品質管理職に転職するのは、例え未経験であったとしても可能です。企業へ転職する際の難易度としても比較的低く、求人もそれなりに多いからです。

 

 

薬剤師資格の有無を問われない求人こそ、自身がもつ資格を積極的にアピールしましょう。薬剤師として働いていたバッググラウンドは強みですから、自分は企業にとって即戦力となる人材だと伝えることで可能性が高まるでしょう。

 

 

ここまで、転職で品質管理職として薬剤師の資格を活かす方法をご紹介しました。製品の品質を一定に保つためにあるこの職業は、企業やメーカーの中でも重要なポジションにあります。

 

 

正確性と責任感が問われるともに、幅広い薬学知識も必要となります。製薬会社や医薬品メーカー等の求人があれば、転職を検討してみてはいかがでしょうか。