製薬会社から調剤薬局への転職はあるある?要因について考察

製薬会社から調剤薬局への転職はあるある?要因について考察

製薬会社から調剤薬局への転職はあるある?要因について考察

 

薬剤師の資格を生かして働ける仕事として、特に人気が高いのが製薬会社です。しかし実は、製薬会社から調剤薬局へ転職する人が多いというのです。その要因について考察しました。

 

 

調剤薬局で働く薬剤師の中には、以前MRとして働いていたという方が少なくありません。その方たちは、結婚や出産などといった人生の転機に調剤薬局へと転職するようです。

 

 

ここから推測される要因の1つが、転勤です。MRをはじめ、製薬会社に勤務するほとんどの人は全国規模の転勤があります。勤務先が変わると新しいことが学べるというメリットもありますが、ライフスタイルが頻繁に変化することを不安に感じる方も多いでしょう。

 

 

要因の2つ目は、薬剤師としてのスキルアップを目指すためだと考えられます。MRの仕事のほとんどは、自社で開発された医薬品の営業です。そのため自社医薬品に関する知識とその分野に関しての知識と経験が高まりますが、その知識量は狭く深いものになってしまうでしょう。

 

 

医療に携わる人材として、幅広い知識と様々な経験を積みたいと思ったとき、様々な医薬品を扱う調剤薬局への転職を考えるようです。

 

 

要因3つ目は、復職です。妊娠や出産、育児をきっかけに、製薬会社を退職する女性は少なくありません。その方たちが薬剤師としての復職を考えたとき、調剤薬局へと転身するようです。

 

製薬会社から調剤薬局への転職はあるある?要因について考察

 

特にMRとして働いていると医療従事者への営業のため、時間の都合が付かずに勤務時間が不規則になる事もあります。

 

 

仕事と家庭の両立を目指したとき、フルタイム・パート・アルバイトなど様々な雇用形態で従事できる調剤薬局の方が働きやすいメリットがあるのだと考えられます。

 

 

中には、製薬会社を定年したあとに調剤薬局へ転職する方もいます。60歳を過ぎた人の転職は難しいとされるのが一般的ですが、薬剤師が不足しているこの業界はそうではありません。

 

 

製薬会社によっては再雇用契約を結ぶところも存在しますが、MRや技術職の業務負担は大きいものです。そのため、店舗によっては落ち着いた環境で働くことができる調剤薬局への転職に注目が集まっているのでしょう。

 

 

ここまで、製薬会社から調剤薬局へ転職する要因についてでした。要因として考えられるのは、転勤・スキルアップを目指す・復職・定年後の働き先の候補だと考えられます。

 

 

もちろん、それ以外にも環境や人間関係、適性などの要因から転職することもあるでしょう。転勤や残業がほとんどなく、幅広い医薬品を取り扱える調剤薬局は、患者さんとのコミュニケーションが取れるのも魅力の一つです。

 

 

ライフスタイルの変化や自分に働きやすい環境をお探しの方は、調剤薬局への転職も検討してみてはいかがでしょうか。