.薬剤師として製薬企業への転職は難易度は高い?何が必要なの?

薬剤師として製薬企業への転職は難易度は高い?何が必要なの?

薬剤師として製薬企業への転職は難易度は高い?何が必要なの?

 

薬剤師の資格を持つ方なら、給与など待遇面に優れている製薬企業への転職を検討したことがあるでしょう。薬剤師の資格を持っていれば、誰でも転職できるのでしょうか。

 

 

ここでは、薬剤師として製薬企業への転職は難易度が高いのか、また資格の他に何が必要なのかについてご説明します。

 

 

製薬企業で働く薬剤師といっても、その仕事は多岐にわたります。一般的にメジャーなMRをはじめ、治験、研究開発職、薬事、学術など様々です。製薬企業に勤める薬剤師の年収は600万円以上で、40代で1000万円を超える人も少なくありません。

 

 

大手製薬会社であれば高年収が期待できる転職先であり、薬局やドラッグストアよりも福利厚生面が良く、更にスキルアップできる機会にも恵まれています。薬剤師の働く場所のなかでも、大変人気が高いところです。

 

 

しかし、転職先として人気があるのにもかかわらず、中途採用の求人数はそれほど多くありません。上述した職種によって転職の難易度は違いますので、転職難易度の低いものを選ぶと良いでしょう。

 

 

例えば品質管理や薬事申請部門、MRへの研修を行ったりする学術部門は難易度が低いとされています。反対に研究や開発部門、治験などへの転職は求人数が少なく、難易度が高いといえるでしょう。

 

 

MRに関しては、どの製薬企業への転職を目指すかによって難易度が変わります。新薬を扱う製薬企業が最も人気のある転職先ですが、この企業の多くはMR未経験者を採用することはありません。

 

薬剤師として製薬企業への転職は難易度は高い?何が必要なの?

 

稀に未経験者可の求人が出たとしても大変倍率が高くなりますから、別の選択肢を見つけておくことをおすすめします。新薬メーカーほど知識を必要としないジェネリック医薬品メーカーや、MRの派遣会社にあたるコントラクトMRですと、難易度が低く採用される可能性が高まります。

 

 

職種によって難易度が違うように、必要なものも変わります。製薬企業の研究開発職は薬剤師の中でもトップレベルの人材が選ばれるものです。薬学に関する高度な知識はもちろん、海外の論文や資料を理解できるよう高い語学力も求められます。

 

 

製薬企業の営業職として働くMRの場合は、入社後にMR認定試験センターが実施しているMR認定証の取得を求められます。医薬品全般について問われる試験ですが、合格率は8割程度にとどまっています。

 

 

営業に出向いた先で医療従事者からの信頼を得るための一つの要素となるため、しっかり学んでおく必要があります。

 

 

ここまでお伝えした通り、製薬企業への転職は簡単ではありません。給与や福利厚生が整った大手製薬会社ですと、倍率は高くなるでしょう。

 

 

薬剤師としての仕事のやりがい、キャリア、安定した雇用を実現したいのであれば、転職エージェント等を活用し、サポートを受けることをおすすめします。非公開求人を紹介してもらえたり、合格をもらえるよう具体的なアドバイスを受けられるでしょう。