ドラッグストアでの薬剤師勤務は給与は安い?リアルな仕事内容

ドラッグストアでの薬剤師勤務は給与は安い?リアルな仕事内容

ドラッグストアでの薬剤師勤務は給与は安い?リアルな仕事内容

 

薬剤師が働く場所の一つには、ドラッグストアがあります。病院や薬局よりも身近なドラッグストア薬剤師の仕事内容とは、どのようなものでしょうか。今回は、ドラッグストアに勤める薬剤師の給与や仕事内容について解説していきます。

 

 

薬剤師が働くドラッグストアは、調剤併設型ドラッグストアと一般医薬品・OTC医薬品のみのドラッグストアに分けられます。調剤併設型ドラッグストアでの仕事内容は基本的に、一般的な調剤薬局と変わりありません。

 

 

調剤業務や服薬指導、薬歴管理が主となっており、病院から処方された処方箋をもとに患者へ薬を提供します。但し、ドラッグストアという身近な店舗に併設されているため、病院前にある調剤薬局よりも患者の年齢層が幅広く、処方内容も多種多様になります。

 

 

病院へ行く時間のない一般的なお客様の来店も多いため、薬剤師が症状に合わせたOTC医薬品のアドバイスをするのも重要な業務の一つとなるでしょう。一般医薬品・OTC医薬品のみのドラッグストアでは、調剤併設型のような調剤業務がありません。

 

 

薬剤師の資格を生かした仕事はOTC医薬品のアドバイス程度で、その他の業務のほとんどが店舗スタッフと同じです。レジ打ちやPOP作成、品出し、接客などを行います。

 

 

またドラッグストアではサプリメントや健康食品なども取り扱っており、それらの商品の作用や薬との副作用を聞かれることも多いようです。幅広い商品に関する知識はもちろん、お客様とのコミュニケーション能力が重要となるでしょう。
ドラッグストアでの薬剤師勤務は給与は安い?リアルな仕事内容

 

ドラッグストアで働く薬剤師の年収は、あらゆる薬剤師の仕事の中でも高い傾向にあります。都市部エリアにおいて、薬剤師の平均年収を調査したデータを見てみましょう。

 

 

病院勤務が約467万円、調剤薬局勤務が約500万円なのに対して、ドラッグストア勤務ですと約542万円となっています。薬剤師不足が深刻な地方エリアですと薬剤師全体の平均年収がアップするため、それに伴いドラッグストア勤務の年収も更に上がります。

 

 

ではなぜ、ドラッグストア勤務の給与が高い傾向にあるのでしょうか。その理由は、調剤業務等の薬剤師専門の業務以外にも、店舗の営業や運営に関するあらゆる業務を担うため。

 

 

また、土日祝日も仕事となるシフト勤務であること、店舗によっては夜間営業をしているところも多いことから、結果的に勤務時間が長くなるためと言われています。

 

 

今回は、ドラックストア勤務の薬剤師の仕事内容と給与について解説しました。ドラッグストアでの薬剤師の仕事は調剤併設型と一般医薬品・OTC医薬品のみの店舗に分かれていて、基本業務以外の仕事に違いがあること。

 

 

薬剤師が働く先の中では特に年収が高い傾向にあり、店舗が地方の場合はより高い給与を期待できることが分かりましたね。転職先の候補として挙げる場合には、労働時間や待遇、薬剤師としてする仕事以外の業務をどのくらい負担するのか等を十分に確認しましょう。