.調剤薬局へ転職する時失敗しないためのポイントはあるの?

調剤薬局へ転職する時失敗しないためのポイントはあるの?

調剤薬局へ転職する時失敗しないためのポイントはあるの?

 

医療の一翼を担える調剤薬局での仕事は、転職を検討する薬剤師の希望先としても人気があります。しかし転職先を安易に選んでしまっては、失敗するかもしれません。ここでは、調剤薬局へ転職するとき失敗しないためのポイントをまとめました。

 

 

同じ調剤薬局と言えど、薬局によって仕事内容が大きく変わります。薬剤師資格が有れば歓迎される勤務先ですが、これまで調剤薬局勤務経験がなかった人は注意が必要です。

 

 

調剤薬局によっては薬剤師が複数人いるところもあれば、一人しかいない場合もあります。もし転職先に薬剤師が自分一人の場合、第三者による監査がないため調剤ミスが増える危険性があります。

 

 

また、処方せんに疑いを持った場合に医師に確認をとる疑義照会も自ら行わなくてはなりません。調剤薬局を選ぶ際には、病院の形態を確認することも大切です。

 

 

病院の目の前に構える門前薬局や、様々な病院の処方箋を受け入れる面対応薬局が存在します。門前薬局の場合は、必然的に患者の来局数が多くなるでしょう。

 

 

病院の規模や薬剤師の数にもよりますが、患者一人に対してあまり時間をかけられないかもしれません。もし患者とコミュニケーションをとり、健康をサポートしていきたいとお考えであれば、病院の形態についても確認する必要があります。

 

 

調剤薬局は薬剤師の働く場所のなかでも、比較的年収が高い傾向にあります。しかし、その規模や種類によっては年収に幅があるのです。

 

 

一般的な職種では、大手チェーン店や首都圏域の方が年収相場が高い傾向にありますが、調剤薬局に限っては逆の現象が起きます。

 

調剤薬局へ転職する時失敗しないためのポイントはあるの?

 

調剤薬局の全体的な年収相場は400〜500万円程と言われていますが、大手チェーン薬局ですと350万円程の年収からスタートすることも少なくありません。

 

一方で会社規模の小さい中小薬局は年収450万円以上が当たり前となっているのです。薬剤師不足が深刻な地方であれば、更に年収アップも見込めるでしょう。

 

 

収入の高さで選ぶのであれば、こういった実情も把握しておく必要があります。しかしながら、大手チェーン薬局は福利厚生面での待遇や勤務体制、研修制度等が整っているケースが多く、エリアマネージャーなど幅広い仕事を任されるチャンスもあります。

 

 

常に現場で活躍する中小薬局とは違ったメリットもありますので、それらも含めて検討しましょう。

 

 

ここまで、調剤薬局へ転職する際のポイントをお伝えしました。調剤や服薬指導、薬歴管理、監査などの業務をする調剤薬局ですが、その規模や病院の形態によって仕事内容が変わります。

 

 

自分のこれまでの経歴や適正に見合った薬局でなければ、薬剤師としてのやりがいを感じながら仕事をするのは難しいかもしれません。薬局の規模や種類によって年収や働き方、待遇面での違いも生じるため、予め求人内容を細かく確認しましょう。