薬剤師が転職するのは正社員?それとも派遣?各メリットについて

薬剤師が転職するのは正社員?それとも派遣?各メリットについて

薬剤師が転職するのは正社員?それとも派遣?各メリットについて

 

薬剤師さんの中には職場環境や給与に不満を抱き、転職を考えたことがある方も少なくはないでしょう。いざ転職しようと思っても転職する先の選択肢は多く、雇用形態も様々あるため、そう簡単には決められません。

 

 

そこで今回は、薬剤師が転職するのは正社員と派遣のどちらが良いのかを、各メリットを解説しながらご説明していきます。

 

 

まずは正社員薬剤師のメリットについてです。正社員薬剤師のメリットはなんといっても、給与や福利厚生面で得られる安定性でしょう。

 

 

正社員の時給は約2400円とされており、一般的なパートやアルバイトよりもとても高給で、その後の昇給をも見込めます。また会社によっては住宅手当や地方手当、各種制度が付くところも多く、福利厚生面での待遇が魅力的です。

 

 

研修制度が整っていたり、勉強会が設けられているところも多く、薬剤師個人のスキルアップも目指せるのが特徴でもあります。但し、突発的な残業は付き物であり、所属する企業によっては全国規模の転勤もあり得ます。

 

 

次に派遣薬剤師のメリットについてです。派遣薬剤師のメリットは、自由な働き方が可能であり、高給が目指せることです。求人の中には、週3日・土日祝日休み・18時定時・残業ナシで時給3000円程度がベーシックな内容となっているようです。

 

薬剤師が転職するのは正社員?それとも派遣?各メリットについて

 

場合によっては、正社員よりも給与が高くなることも十分にあり得ます。また、患者の状態やシフトによって拘束時間が長くなりやすい正社員に比べて残業が発生しにくいのもメリットといえるでしょう。

 

 

子育てや介護と仕事の両立を目指すことが出来るため、生活スタイルに合わせた働き方が可能となるでしょう。但し、気に入った職場が見つかっても長くは働き続けることが出来ない、働き方によっては福利厚生面での待遇を十分に受けられない可能性もあります。

 

 

正社員と派遣のメリットを見ると、まるで正反対のようにも見受けられます。安定した雇用と引き換えに、働き方にある程度の制限が設けられる正社員。

 

 

自由な働き方を選べるが、福利厚生や勤務期間など安定感に不確定さが残る派遣。ご自身の生活スタイルや、薬剤師としての目的・目標と照らし合わせ、最適な転職先を見つけましょう。

 

 

ここまで、正社員薬剤師と派遣薬剤師のメリット、そして転職するならどちらが良いのかについてご紹介して参りました。結論から言うと、正社員と派遣、どちらが良いと断言することは出来ません。

 

 

なぜならご紹介した通り、得られるメリットが全く違うからです。正社員と派遣では、メリットもデメリットも異なり、正反対のようにも見えます。転職する際にはご自身の生活スタイルに合わせた働き方、自分が目指す目標を叶えられえるよう、吟味する必要がありそうです。