病院から病院への転職で薬剤師が気を付けるべき注意点について

病院から病院への転職で薬剤師が気を付けるべき注意点について

病院から病院への転職で薬剤師が気を付けるべき注意点について

 

もっとスキルアップを目指したい、違う病院で働いてみたいなど、病院から病院への転職を検討している方も多いでしょう。ここでは、病院から病院への転職で薬剤師が気を付けるべき注意点についてご説明します。

 

 

 

薬剤師の働く場所は薬局や病院、ドラッグストアをはじめ、様々な企業や行政機関など多岐にわたります。経験によって培われる能力もそれぞれです。病院から病院の転職ではその経験を重要視され、即戦力として採用されることが多いでしょう。

 

 

病院薬剤師の仕事は調剤や薬歴管理、服薬指導が基本です。しかし、病院によって医療体制や患者層、基本業務以外に行う業務に違いがあるため、決して転職のハードルが低いとは言えません。

 

 

転職を考える多くの人が業務量に対する不安を抱きますが、大病院でそれに伴う薬剤師の業務も多い場合は、それなりに人員を確保しています。それよりももっと根本的な違いがあるのです。

 

 

例えば、病院の種類です。病院は急性期病院やケアミックス病院、療養型病院、緩和ケアなど様々あります。どの病院においても、基本的業務は変わりません。

 

 

しかし病院によっては未承認の医薬品の製造を行う院内製剤や臨床試験に携わる治験、外来通院患者と接する薬剤師外来などが加わります。

 

 

また、チーム医療として栄養サポートチーム、緩和ケアチーム、感染対策チームへの取り組みを業務の一環として行うこともあるでしょう。

 

 

病院の規模や種類によって、基本業務以外に加わるこれらの業務の有無に違いがある点を理解し、予め業務内容について知っておくことが重要です。

 

病院から病院への転職で薬剤師が気を付けるべき注意点について

 

どの病院へ転職するかによって、働きやすさにも違いがあります。例えば病院のシステム。これまで働いていた病院の薬剤部門では電子カルテを使っていたのに、転職先は紙カルテを使用しているなど、日常業務に関する違いもあります。

 

 

働き始めたばかりの時期ですとシステムの理解に時間をとられ、業務のし難さを感じるかもしれません。病院の種類によっては、勤務時間にも違いがあります。

 

 

これまで夜勤の無い病院で働いていた方も、急性期病院や大規模病院へと転職すれば当然のように夜勤をする必要性が高まるでしょう。

 

 

仕事とプライベートの両立が出来ていた方も、周りのサポートや理解が必要になるかもしれません。逆も然り、毎日の生活のペースが変わる可能性があることを理解しておく必要があります。

 

 

病院から病院への転職で気を付けるべき注意点について、お分かりいただけたでしょうか。病院薬剤師の基本的な業務内容に違いはありませんが、病院の種類や規模によって生じるその他の業務は様々です。

 

 

新しいことを学べてスキルアップにもなりますが、決してハードルが低くないことを理解しておきましょう。環境が変わることで働きやすさが変わるかもしれません。システム環境や勤務時間等についても、あらかじめ確認することが大切です。