薬剤師が転職の際に記入する履歴書の正しい書き方とポイント

薬剤師が転職の際に記入する履歴書の正しい書き方とポイント

薬剤師が転職の際に記入する履歴書の正しい書き方とポイント

 

履歴書は一番初めに自分の印象を企業へ与えるものです。基本的なルールを守り、薬剤師としての自分の正確さを印象付けられるよう心掛けて記入しましょう。ここでは、薬剤師が転職の際に記入する履歴書の正しい書き方とポイントをご紹介します。

 

 

薬剤師の転職では、書類選考で落とされることはほぼありません。しかし、丁寧さや正確性に欠ける履歴書では薬剤師に良くない印象を抱き、採用を見送る可能性もあります。

 

 

患者の健康に直結する仕事を担う薬剤師は、履歴書もミスのないよう記入しましょう。記入を終えたら記入ミスがないかチェックすることも忘れずに。

 

 

薬学部のレポート作成をPCで行った方も多いでしょうが、手書きをしない習慣が付いてしまっていると、思わぬ誤字脱字をしている可能性もあります。当たり前ですが、読み直しを繰り返して記入ミスが無いように心掛けましょう。

 

 

基本的な書き方は見本に習って記入します。記入するポイント1つ目は、職歴についてです。例え転職した回数が多くても、その過程を漏れなく記入しましょう。

 

 

退職理由については特段理由がない限り、一身上の都合によりという文章で構いません。決してネガティブな理由を書かないことが大切です。

 

 

ポイント2つ目は、志望動機に関してです。その会社に応募したきっかけが、残業がないからという理由だった場合でも、定時で帰宅できるからなどとは書かないことです。

 

薬剤師が転職の際に記入する履歴書の正しい書き方とポイント

 

仕事と家庭の両立が可能な職場環境のため、など条件を前向きに捉えた形で言葉にすると良いでしょう。

 

 

ポイント3つ目は、文章量に関してです。履歴書によって多少違いますが、志望動機や自己PRなど、ある程度のスペースが確保されている欄があります。

 

 

短すぎると熱意が伝わりませんし、スペースを埋めるために長く書くと簡潔にまとめる能力に欠けているという印象を与えかねません。そのため、その欄に記入する文章はスペースの8割程度を埋めるように意識するとよいでしょう。

 

 

ポイント4つ目は、履歴書の添削をしてもらうことです。添削を依頼するのは、薬剤師専門の転職エージェントがおすすめです。薬剤師業界に精通しているため、細やかなアドバイスを受けられ、より印象の良い履歴書を書くことができるでしょう。

 

 

ここまで、薬剤師の履歴書の正しい書き方とポイントについてご紹介しました。薬剤師の仕事は患者の健康に直結するものですから、誤字脱字や記入ミスなどがないよう、十分気を付けましょう。

 

 

履歴書の作成に不安がある、印象の良い履歴書を作りたいという方は転職エージェントで添削をしてもらうことをおすすめします。薬剤師に特化したエージェントなら、より良いアドバイスを受けられるでしょう。