臨床薬剤師とはどんな仕事?病院薬剤師との違いや活躍の場について

臨床薬剤師とはどんな仕事?病院薬剤師との違いや活躍の場について

臨床薬剤師とはどんな仕事?病院薬剤師との違いや活躍の場について

 

近年よく耳にするようになった臨床薬剤師は、一体どのような仕事内容なのでしょうか。病院薬剤師との違いや活躍の場について、詳しく解説していきます。

 

 

薬剤師の仕事というと、処方せんをもとに薬を出すのが一般的です。病院薬剤師も薬局薬剤師も働く場所は違えど、これを基本に行います。

 

 

しかし臨床薬剤師は、患者に合った薬の量や投薬のタイミング、結果的にどんな効果が得られるかを予測し、医師に提案するのも仕事です。

 

 

薬剤師側から医師へ提案を行うという、これまでとは違った位置付けになります。臨床薬剤師は先進医療国のアメリカで生まれた新しい働き方です。

 

 

高度な専門知識を持った臨床薬剤師は、これまでの薬剤師よりもさらに一歩踏み込んだ薬剤管理業の役割を担うものとされています。医薬品のスペシャリストでもあるため、病院内でも大重要なポジションに位置します。

 

 

病院に勤務する薬剤師の仕事はこれまで、調剤業務が主でした。しかし医師や看護師と薬についての情報を共有するべく、病棟業務の拡大が進みます。

 

臨床薬剤師とはどんな仕事?病院薬剤師との違いや活躍の場について

 

これまでの調剤業務に加えて、処方提案やチェックなどといったチーム医療へ参加するよう変化してきたのです。患者の状態などをリアルタイムで情報共有できるチーム医療は、フォロー体制を整える上でメリットが多いものです。

 

 

薬剤師も患者の全身状態を診てキメ細やかな服薬指導ができ、立場を生かして投薬の提案を行うことができるようになりました。病院薬剤師の主な業務は、調剤・服薬指導・薬歴管理が挙げられますが、臨床薬剤師の業務もこれとほぼ変わりありません。

 

 

ただ、データを管理してそこから得られた情報を新たな治療へ生かす提案をしたり、患者のデータに基づきそれに投薬した場合の効果を予測する。患者に対して、服薬の量やタイミングだけはなく服薬する意義そのものを説明するなど、一歩踏み込んだ業務を行うのです。

 

 

日本においては、臨床薬剤師の歴史が浅く、病院内での役割が不明確なのは否めません。しかしチーム医療体制が主流になっていく中で、スタッフ個人の知識や能力の高さが必要不可欠です。

 

 

そのため、多面的に患者を診て適切な病状把握ができたり、患者の状態に合わせた投薬計画を立ててモニターできる臨床薬剤師の重要性も高まっていくことでしょう。

 

 

ここまで、臨床薬剤師の仕事について解説しました。病院薬剤師と同じく、調剤や服薬指導、薬歴管理の役割を担います。

 

 

しかし患者のデータから効果を予測したり、投薬計画を立てたりと、チーム医療の枠組みの中でより積極的に踏み込んだ提案や業務を行います。豊富な知識とコミュニケーション能力が求められる臨床薬剤師の重要性は、今後更に増していくことでしょう。