病院薬剤師と薬局薬剤師は何が違う?業務の違いについて紹介

病院薬剤師と薬局薬剤師は何が違う?業務の違いについて紹介

病院薬剤師と薬局薬剤師は何が違う?業務の違いについて紹介

 

薬剤師の働く場所は様々ありますが、どこも仕事内容が同じではありません。勤務先によって求められる能力や作業が異なるため、予め把握しておくことが大切です。そこで今回は、病院薬剤師と薬局薬剤師の業務の違いについてご紹介します。

 

 

まずは病院薬剤師の業務内容についてです。病院薬剤師の仕事は、大きく分けて調剤業務と病棟業務の2つに分けられます。

 

 

病院に入院している患者の調剤が主な仕事となる調剤業務では、内服薬・外用薬・注射薬などの調剤に加え、無菌製剤の混注や化学療法薬剤の調整等も行います。

 

 

また、外来院内処方や院内製剤の場合の院内製剤をすることもあります。入院している患者に対して服薬指導をする病棟業務では、投薬歴や副作用歴など従来の服薬状況を伺い、今後使用していく薬剤の説明を行います。

 

 

治療が始まったら薬の効き方や副作用について記録したり、退院を控えた患者への薬の自己管理指導なども行います。この他にも、患者の検査値やバイタルサインの経過によっては改善のために医師へ処方提案を行うこともあります。

 

 

医師や看護師を含めたチーム医療の現場で、豊富な知識を身に付けられるのが病院薬剤師の仕事です。病院によっては最先端の医療現場に携わることができ、学ぶことも多いため、スキルアップを目指せるでしょう。

 

病院薬剤師と薬局薬剤師は何が違う?業務の違いについて紹介

 

次に薬局薬剤師の業務内容についてです。医薬分業の影響により、病院で出された処方せんを病院とは別の薬局に提出し、薬を処方されるのが一般的となりました。

 

 

薬局薬剤師は調剤薬局等において調剤業務・服薬指導・薬歴管理を行うのが仕事です。調剤業務では、病院など医師が出す処方せんを見て薬を調剤します。

 

 

服薬指導では、薬の服用方法や効能、また保管方法といった薬の情報を提供し、健康管理のためのアドバイスを行います。また、実際に薬を使用した患者の情報を集め、副作用や効能、安全性などのデータを医師に伝えるのも仕事です。

 

 

薬歴管理は、患者の薬歴を管理し、副作用などの情報を記録します。また近年は在宅医療の推進が図られていることもあり、患者の自宅や施設などへ医師と一緒に訪問して薬を処方する業務も増えています。

 

 

薬局薬剤師の仕事は、患者を身近にサポートできる仕事です。今後はかかりつけ薬剤師の必要性が高まるとされており、そのニーズは増していくでしょう。

 

 

病院薬剤師と薬局薬剤師の業務の違いについてご紹介してきました。同じ資格でも、働く場所で業務内容に特徴や違いがあることがお分かりいただけたでしょう。求められるスキルや職場環境、待遇は違うため、ご自身の適正にあった職場選びをしましょう。