病院勤務が未経験でも薬剤師として病院に転職できるかどうか

病院勤務が未経験でも薬剤師として病院に転職できるかどうか

病院勤務が未経験でも薬剤師として病院に転職できるかどうか

 

調剤薬局やドラッグストア勤務の薬剤師の中には、薬について学ぶ機会が少なく、スキルアップを望めないとお悩みの方も多いようです。

 

 

そこで転職先の候補となるのが、病院薬剤師です。ここでは、病院勤務が未経験でも薬剤師として病院に転職できるかどうかについてお伝えします。

 

 

病院への勤務経験がなくても、薬剤師の資格を持っていれば転職できます。しかし、未経験のまま急性期病院へ転職するのはあまりおすすめしません。

 

 

急性期病院は症状の移り変わりが激しい患者や、日ごとに症状が変化する患者に対応する病院です。処方箋や薬の内容が日々変わることも多く、薬剤師としての豊富な知識と柔軟性、そして体力が求められます。

 

 

スキルアップが最も目指せる現場ですが、その他の病院で経験を積んでからの方がよいかもしれません。他の病院とは、ケアミックスや慢性期病院、療養型病院です。

 

 

これらの病院は急性期ほどの慌ただしさもなく、患者の症状の変化もそれほど多くありません。夜勤や残業のない職場が多いのも特徴です。

 

病院勤務が未経験でも薬剤師として病院に転職できるかどうか

 

勉強できる環境でスキルアップを目指したいけれど、病院勤務の慌ただしさや仕事内容に不安があるという方は、落ち着いて働けるこちらがおすすめです。

 

 

病院勤務への転職を目指す薬剤師は多くいますが、実は病院の中途採用の求人数はそれほど多くありません。特に大学病院やがんセンターなどといった大規模病院は新卒採用のみで賄う傾向にあり、急性期病院に関しても少ないのが特徴です。

 

 

非常勤など正社員以外の雇用形態で募集しているところも多く、なかなか希望の条件を見つけるのは難しいでしょう。そこで、転職活動をする上での選択肢を増やすために、転職サービスの利用をおすすめします。

 

 

自分の経歴や希望に見合う病院を見つけやすくなるメリットもあります。病院の給与は薬剤師の働き先の中でも特に低いため、給与交渉など待遇面でのメリットも得られるでしょう。

 

 

医師や看護師を含めた他職種の人とチーム医療を行う病院薬剤師は、薬剤師としての専門性を高めるのに大変最適な職場といえるでしょう。院内勉強会や他病院への研修など学ぶ機会が多く、薬剤師自身が患者さんのサポートを身近にできます。

 

 

注射剤の混注や病棟勤務など、薬局やドラッグストアでは経験できないことがたくさんあります。これまで病院勤務が未経験だった人も病院へ転職することは可能です。

 

 

但し求人数が少ないため、個人での転職活動は難しいかもしれません。選択肢を増やし、自分に合う病院へ転職できるよう、転職サービスの活用をおすすめします。