今の職場で薬剤師として働く人が転職を検討すべき理由を解説します

今の職場で薬剤師として働く人が転職を検討すべき理由を解説します

今の職場で薬剤師として働く人が転職を検討すべき理由を解説します

 

難関と言われる国家資格を取得し、薬剤師として働いている皆さん。転職するなら今このタイミングが絶好のチャンスかもしれません。ここでは、今の職場で薬剤師として働く人が転職を検討すべき理由を解説します。

 

 

薬剤師が今、空前の売り手市場であることはご存知でしょう。転職すれば給与アップが目指せる、今より環境の良いところへ行けるというのが当たり前でした。

 

 

薬剤師の資格が有れば良いという求人も多く、引く手数多だったに違いありません。しかし薬剤師が転職に困らない時代は、この先長くは続かないでしょう。

 

 

調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師を必要とする店舗数の増加する一方で、薬剤師を目指す人も増えています。薬学部が6年制に変更されたことで一時急激に担い手が減少しましたが、薬学部の定員は増加しています。

 

 

今後は一気に輩出されると考えられるでしょう。これは薬剤師不足の解消だけではなく、供給過多も引き起こしそうです。

 

 

1つは人工知能AIによる医療機関への進出です。これが薬剤師の全ての仕事を奪うわけではありませんが、機械が出来ることは機械が、人が出来ることは人がと、完全に振り分けられていくと言われています。

 

 

調剤や服薬指導の補助的な役割をAIが担っていくとされ、現場に必要な薬剤師の数は減少してくかもしれません。また、在宅医療の推進とともに、かかりつけ薬剤師の推進も図られています。

 

今の職場で薬剤師として働く人が転職を検討すべき理由を解説します

 

既に現在、調剤薬局では施設や在宅の対応しているところも多くなっています。これまで受け入れる側だった薬剤師の仕事ですが、これからは自ら出向いて対応する必要性が高まっているのです。

 

 

これはつまり、在宅経験の有無とコミュニケーション能力の高さを重要視されるということです。今の職場で薬剤師として働いているが、待遇や環境に不満がある。

 

 

もっとスキルアップして、10年20年先の将来を見据えた職場で働きたい。そういった考えがあるのならば、早急に転職を検討した方が良いかもしれません。

 

 

薬剤師が転職すべき理由についてお分かりいただけたでしょうか。薬剤師不足と言われていますが様々な対策がなされているため、今後も長く続くとは限りません。

 

 

急激な進化をみせるAIが現場で医師や薬剤師の補助的な働きをする日も、そう遠くはないでしょう。薬剤師なら誰でも受け入れるという企業や店舗はほとんどなくなり、よりスキルの高さが必要になると考えられます。

 

 

未だ売り手市場である今、このような医療の将来性を踏まえて行動しているかどうかが、薬剤師のキャリアを左右するでしょう。