知っておきたい薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面まとめ

知っておきたい薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面まとめ

知っておきたい薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面まとめ

 

薬剤師として働いている方の中には、様々な悩みや不安を抱き、辞めたいと思っている方も少なくありません。ここでは、薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面をまとめました。

 

 

薬剤師を辞めたいと感じる場面で多く聞かれたのが、仕事の負担が大きいというケースです。これは病院やドラッグストアで働く薬剤師が多くもつお悩みのようです。

 

 

一人の薬剤師が負担する患者の数が多く、ミスに繋がってしまったらどうしようという不安感は仕事に対するストレスも発生させてしまいます。

 

 

ドラッグストアでは薬剤師専門の業務以上に、販売や品出し、他店へのヘルプに駆り出されることもあります。仕事が多いゆえに残業せざる終えない日も多いとのことで、体だけではなく心の疲れにも繋がっているのでしょう。

 

 

給料が低いというケースは、調剤薬局や病院勤務の薬剤師が多くもつお悩みのようです。薬剤師がいなければ回らない職場にも関わらず初任給は低く、その後の昇給も緩やかです。

 

 

薬剤師の仕事はミスが許されないものですから、日々の仕事で神経を削られるでしょう。給与が全てではないにしろ、その重要性に対して見合った対価が欲しいと感じるようです。

 

知っておきたい薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面まとめ

 

研修や仕事のフォローがないというケースは、キャリアチェンジした薬剤師やキャリアアップを目指す薬剤師から多く聞かれました。このケースは得に未経験転職者に多く、転職先でのキャリアアップが見込めない場合に感じるようです。

 

 

例えば、働きやすい環境を求めて病院から小規模の調剤薬局にキャリアチェンジしたものの、新しい転職先ですぐに一人調剤を任され、保険制度も独学で学ぶしかなかったなどという声も聞かれます。

 

 

特に人数が足りていないと十分に教育されず不安を抱いたまま仕事をすることになるため、キャリアアップもほど遠くなってしまうでしょう。

 

 

勤務先に関わらず多かったのが、人間関係のお悩みを抱くケースです。高圧的な上司、仕事を全部任せてくる同僚、陰湿な職場環境など。特に狭い職場では逃げ場がなく相談できる人も限られるため、辞めるしか方法がないと考えてしまうとのことでした。

 

 

ここまで、薬剤師を辞めたいと感じる職場での場面まとめでした。仕事や職場環境、給与や人間関係に悩み、薬剤師を辞めたいと悩んでいる人は少なくありません。

 

 

しかし薬剤師の仕事自体に不満を持っている人は少なく、やりがいや働きやすい職場環境さえ整っていれば薬剤師を続けたいと思っている方がほとんとです。

 

 

もしかしたら、薬剤師を辞めたいという気持ちは、今の職場が辛いからではないでしょうか。薬剤師の資格を活かせる他の職場へ転職してみるのも、一つの解決方法になるかもしれません。