薬剤師の資格は転職に有利?薬剤師の資格を取得するための方法

薬剤師の資格は転職に有利?薬剤師の資格を取得するための方法

薬剤師の資格は転職に有利?薬剤師の資格を取得するための方法

 

転職に有利な資格は様々ありますが、中でも人気が高いのが薬剤師資格です。ここでは、薬剤師の資格がなぜ転職に有利なのか、また薬剤師の資格を取得するための方法についてご紹介します。

 

 

薬剤師が転職に有利だと言われる一つに、医療サービスの充実に伴って活躍の場が増えていることが挙げられます。近年は医療機関に限らず、食品や介護など、様々な場所で薬の活用が増えています。

 

 

利用者に合わせた多様なサービスが求められるため、薬剤師がもつ薬の知識を活かせる場所が増えているのです。病院やクリニック、ドラッグストア、調剤薬局に限らず、訪問薬局や一般企業、更には公務員においてもその需要は増えており、転職先も幅広く選べるのです。

 

 

また現在、転職市場では空前の薬剤師売り手市場とも言われています。これまで4年制だった薬学教育ですが、より資質の高い薬剤師の輩出を目指し、6年制へと変更が成されました。

 

 

薬剤師国家試験の合格率は70%ほどと決して低くはないものの、その難易度の高さゆえ、大学留年や退学などをする学生も少なくありません。よって、薬剤師になる人が需要よりも圧倒的に少ない状態が、現在の薬剤師売り手市場へと続いていると考えられています。

 

 

薬剤師の資格を取得する方法は、薬剤師国家資格に合格することです。但しこの資格は、誰でも受験できるわけではありません。

 

薬剤師の資格は転職に有利?薬剤師の資格を取得するための方法

 

資格受験条件は大きく分けて3つあります。

 

  • 1つ目は、6年生の大学の薬学部を卒業していること。
  • 2つ目は、外国で薬学部を卒業している、または薬剤師免許を受けていること。
  • 3つ目は、平成18〜29年度までに4年制の大学で薬学部を卒業し、大学院にて薬学の博士課程または修士課程を終了していることです。

 

上述した通り、資格受験の合格は容易ではありません。

 

6年制の薬学部はほんどが必須科目であり、常に一定の成績を収められるよう努力する必要があります。社会人であっても大学薬学部へ入学しなければ受験資格を得られないため、働きながら薬剤師を目指すのは非常に難易度の高い方法といえるでしょう。

 

 

ここまで、薬剤師の資格が転職に有利な理由と、資格の取得方法についてご説明して参りました。在宅での看護が増えたり、医療関連のメディアが増えていることもあり、薬剤師の活躍する場は増加傾向にあります。

 

 

しかし受験資格も限られているため、その資格を得るのは容易ではありません。需要が増える一方で、薬剤師は慢性的に不足しているのです。薬剤師が売り手市場と言われる今、資格が持つ有効性や将来性は大変大きいものだといえるでしょう。