薬剤師の転職・派遣を応援します。

派遣で働く薬剤師が増えている?薬剤師が転職するための対策まとめ

薬剤師の転職・派遣を応援します。

 

福利厚生など、待遇の違いからマイナスイメージの多かった派遣ですが、実は今、派遣で働く薬剤師が増えています。

 

 

給与や働きやすさを求めて派遣薬剤師として働く方も多く、他にもたくさんのメリットがあります。ここでは、派遣薬剤師のメリットと、薬剤師が転職するための対策をまとめました。

 

 

世間一般的に正社員に大きな魅力を感じるのと同じように、正社員という雇用形態を選び働いてきた薬剤師の方も多いでしょう。

 

 

雇用期間に期限がないため安定感があり、賞与や勤務年数に応じて与えられる昇給制度など、給与面に関するメリットもあります。勉強会や研修などスキルアップの機会も積極的に与えられるため、やりがいを感じて働けるメリットもあるでしょう。

 

 

しかし正社員薬剤師は近年、年を追うごとに魅力的ではなくなっているようです。例えば勤務時間や拘束時間の長さ。

 

 

ライフワークバランスを重視した働き方へと見直される今、慢性的な人手不足によって突発的に起こる残業はデメリットにしかなりません。派遣薬剤師が人気なのは、正社員で働くことで発生するこれらのデメリットがほとんどないからです。

 

薬剤師の転職・派遣を応援します。

 

給与は時給4000円を超えるものも多く、正社員以上に高給になる事も十分にあり得ます。様々な職場を体験でき、薬剤師が携わる仕事を多岐に亘って経験出来るため、より高いレベルでのスキルアップもできるでしょう。

 

 

しかしながら、正社員と派遣では、根本的に違う部分もあります。例えば、派遣会社に登録する薬剤師は、同じ職場で3年以上働けません。

 

 

また、派遣薬剤師はクリニックや病院などの医療機関で働けないと派遣労働者の受け入れルールによって定められています。即戦力が求められるため、知識や経験の豊富さも重要となるでしょう。

 

 

派遣薬剤師に与えられるこれらの事実を理解していなければ、転職後に失敗したということになりかねません。働きやすい職場で長く働きたい方は紹介予定派遣を利用したり、職場への要望が通りやすい大手派遣会社を選ぶなどの対策が重要となるでしょう。

 

 

ここまで、派遣薬剤師のメリットと対策についてお伝えしてきました。薬剤師は業務独占資格のため、数が急増することはありません。特に現在は人手不足にあり、転職市場において売り手市場真っ只中にあります。

 

 

ライフワークバランスを重視する昨今、給与面や勤務形態などにメリットの多い派遣薬剤師に大変注目が集まっています。しかし、正社員から派遣へと転職を考えている場合は雇用における注意点があり、それに対する対策が必要となる事を理解しておきましょう。